ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルとは、高い成長性が見込まれるベンチャー企業(未公開企業)に対し、成長に必要な資金提供と経営支援を行い、それらの企業価値を高めることでキャピタルゲインを得る投資会社です。

 

三生キャピタルは大樹生命とのネットワークをフルに活用し、積極的に企業の成長と発展のお手伝いをいたします。


お知らせ

2022年12月:当社は諸般の事情により新規投資活動を停止いたしております。

2022年11月22日:ティムスが上場しました。

2021年7月28日:ブレインズテクノロジーが上場しました。

2021年7月6日:BCCが上場しました。

2019年3月19日:ミンカブ・ジ・インフォノイドが上場しました。

2017年3月24日:ソレイジア・ファーマが上場しました。

メッセージ

三生キャピタル株式会社は、1991年3月に設立された大樹生命100%出資のベンチャーキャピタルです。設立以来の投資先は500社を超え、内、110社以上の株式上場をお手伝いすることができました。生命保険会社系のベンチャーキャピタルとして、株式上場を目指す投資先の皆様の成長を支援するBESTパートナーでありたいと活動してまいりましたが、現在、当社は諸般の事情により新規投資活動を停止いたしております。設立以来、長年の投資活動に際しまして、関係各位のご理解・ご協力に御礼申し上げます。

 

代表取締役社長 中村 良樹